tempspace
選んだ後は、これを選んでよかったと思えるような姿勢で生きてさえいれば、意味は変わってくる。そして、やりきったと思うことを積み重ねていくと、人生における後悔はだいぶ少なくなっていく。
abaslev:

虹裏 may [返信]
tumbuta:

Twitter / takeyuuu: 一周年おめでとうございます、ということで鈴谷( *’ω’) …
お坊さんが木魚を叩くたびに木魚の上に
1
2
1
ってダメージ表記が浮かび上がって時々
42
とかクリティカルが入る光景やばい
newyorksilly:

Doggy Bag. #dog #shibainu

newyorksilly:

Doggy Bag. #dog #shibainu

ドイツでは、コーチが子どもたちに「どうしてそういうパスをしたのか」と聞く。それを受けて、まだ12才の子ども同士が議論をする。論理的思考をぶ つけ合う訓練が、あたりまえに行われている。

 一方、日本で同じことをやると、子どもたちは黙ってコーチの目を見る。コーチの用意している答えを想定して、そのとおりに答えなければいけないと 思っているのだ。

 子どもたちが自分のプレーについて論理的に説明できないと、ドイツでは「何も考えないでプレーしているのではないか」と見なされる。ひとつひとつ のプレーに際し、意識的に判断しながら論理的思考を養っているドイツの子どもに対して、日本の子どもはなぜここでパスか、シュートかと考えずにプレーして いるに等しい。そういう指導法の差が10年、20年経つと、雲泥の差になる。日本とヨーロッパの差は、言語技術の差でもある。

これらのデータセンターが入っていた建物は、一方がホワイトホール・ストリート33番地、もう一方が、そこから数ブロックしか離れていないブロード・ストリート75番地にある。両方とも地下には燃料ポンプが備えられていて、停電時のバックアップ用電源として機能する発電機につながっている。だが、地域の送電網がサンディによってダウンし、さらにこの燃料ポンプが浸水したとき、このふたつのデータセンターは代替策まで失うこととなった。
ホワイトホール・ストリートの建物に入っていたデータセンターを運営するDataGram社によると、送電網がダウンした時にはバックアップ用発電機がうまく作動したものの、長くは保たなかったという。「ハリケーンがマンハッタンを直撃して数時間経たないうちに、地下全体が浸水した。地下には燃料タンクのポンプや副ポンプがあったため、発電システムが停止し、全建物が停電した」と同社のサイトは述べている(この結果、Gawker、Huffington Post等がダウンした)。
ブロード・ストリートでも同じようなことが起こったが、こちらは地下だけでなく18階にも発電機があったため、データセンターはダウンを免れたという。ただし、このデータセンターを使用するホスティング企業のひとつ、Peer 1社のビジネス開発担当上級副社長であるロバート・ミギンズによると、燃料を確保し運搬するのは困難な作業だという。